未経験でも日本語教師は可能?

未経験の人でも、日本語教師として働くことは可能なのか?どうすれば日本語教師になれるのか。 - 未経験でも日本語教師は可能?

未経験でも日本語教師は可能?

trhts日本語教師というお仕事に興味をもたれている方もいらっしゃるでしょう。
そして、実際に働きたいとアクションを考えられることもあるかと思います。
そのときに気になるものの1つとして「経験」というものがあるのではないでしょうか。
そこで今回は、未経験の方でもお仕事に就くことが可能なのかについて考えてみましょう。

応募条件から見る経験

まずは、求人情報について見ていきましょう。
経験の有無は問われるものなのでしょうか。
答えからいえば未経験の方でも応募していただける可能性は高いと言ってよいでしょう。
実際に求人を見てみると、多くのものが「未経験者可能」としているのです。
日本語教師として現役で働いているという方においても、初めてその職に就くという際には未経験だったわけです。
このことから考えてみても、未経験だから求人がない・日本語教師になることはできないということはないと考えられるのです。

未経験者可能な求人を探す

実際に求人サイトなどを見ていただくとお分かりかと思いますが、未経験者可能な求人というものを見ることは可能でしょう。
これから探したいという方においては、そうした求人を中心としてピックアップしていくと良いでしょう。

多くの求人を見てみよう

自らにあった職環境を手に入れるためにも・理想に近い求人を探すためにもまず大切なことは「数を見ること」「比較検討をすること」でしょう。
今では、インターネットにおいても日本語教師専門の求人サイトもありますので、そうしたものを取り入れていくことによってより効率的に探していただくことが出来るかと思います。
そして、すぐにエントリーをするのではなく、いくつかを比較してベストなものにエントリーをしましょう。

過去の求人情報について

中には、すでに募集締め切りをしてしまったというものもあるでしょう。
そして、興味を持ったという場合もあるかもしれません。
原則として、締め切りがなされたものにおいてはエントリーが出来ないということになりますが、もしもどうしてもという希望がある場合は積極的に声をかけてみるのも良いかもしれません。
また、保存をしておいて再び求人がなされる機会を見逃さないようにしておくというのもおすすめです。

採用されるために

未経験者となると、採用されにくいのでは?という不安を同時に抱えてしまいがちです。
確かに、有資格者もしくは経験者などと比較をすると先のように思うこともあるでしょう。
そうした際には「採用されやすい案件」というものを見ていくのも良いかもしれません。
たとえば、急募や新規求人などです。
すぐにでも人材が欲しいという場合、未経験者であってもその熱意ややる気というものがあれば採用をされやすいという傾向があるのです。
また、新規求人は店舗で言うところの「オープニングスタッフ」のようなものとなりますので、環境になじみやすい未経験者を求めたいという声も実際にあるようです。
こうした視点からでも求人広告を探すことも可能ですから、不安感があるという場合には取り入れて見ると良いのではないでしょうか。

スキルを身につける

日本語教師という職業ならずとも、何かを初めてするときには誰でも「未経験」なのです。
気負いをしすぎずに、アプローチをしていきましょう。
場合によっては、事業者側が教育制度や勉強会などを開催しているというケースもありますので、制度という部分においてもあわせて確認しておきましょう。